大掃除 見落とし

家事

housework

大掃除で見落としがちなあの部分! 重曹仕上げてピカピカに♪

 

年末年始まであとわずか。大掃除は終わりましたか?

年末バタバタと大掃除をすると、見落としてしまいがちな細かい部分。“やっと終わった”と思ったその時こそ見落としチェックをすべき時。
いつもなら見逃したままになっていた部分も今年はピカピカにしちゃいましょう!

 

 

見落としポイント1「カーテンレール」

 

普段洗わないカーテンを大掃除の機会に洗って大満足!という方も多いと思います。
せっかく布の部分を綺麗にしたのに、レールをそのままにしていませんか?
普段は高い位置にあるので気にならないかもしれませんが、実はホコリがたくさん。
綺麗なカーテンをかける前に、重曹水を湿らせた雑巾でしっかりとホコリを拭き取っておきましょう。

 

 

見落としポイント2「窓のサッシ」

 

分かっていてもついつい見落としたくなってしまう窓のサッシ。
意外と汚れているし、掃除しにくそうな形でやる気が起きない方も多いのでは?こちらは重曹を使って簡単に綺麗にしちゃいましょう。
まず、サッシのホコリを掃除機などで吸い取ります。いきなり濡れた雑巾などで掃除を始めるよりも、乾いた状態で取れる汚れを除いてくとその後もスムーズです。
表面の汚れが取れたらお湯に重曹を溶かしたお掃除液をかけて、拭き取っていきます。こびりついている汚れにはティッシュやコットンにお掃除液を染み込ませたものでパックしてからこすると簡単に取れますよ。

 

 

見落としポイント3「ソファ」

 

もうお掃除しましたよ?と思う方もいると思いますが、あくまでそれはソファの周りではないでしょうか?
本体が洗えない布製品は重曹を使ってスッキリ大掃除しましょう。

その方法はとっても簡単!ソファに重曹をふりかけて3時間ほど放置しておきます。その後、掃除機で重曹を綺麗に吸い取れば完成!染み込んだ臭いをスッキリとさせてくれますよ!

いかがですか?方法次第でとっても簡単に、1ランク上の清潔感を手に入れられますから、見落とし箇所があった方はぜひ試してみてくださいね!

 

→ 高い食品用品質の重曹(国産)はこちら